人気ブログランキング |

ダイニング照明の電源位置とテーブル位置

ダイニングテーブルの中心にあたる位置の真上に電源がきていれば、なにも問題はありません。でも、電源の位置にあわせてテーブルを動かそうと思っても、なかなか思い通りに行かないことがあります。

いろいろ考えたけどついに電源位置とテーブルの位置がぴったりと合わなかった!!
そんなときにはどうすれば良いのでしょう?

解決方法はケースバイケースだし、いろいろ考えられると思いますが、主なものは次の通りです。

1.テーブルの中心位置の真上にフックを設置し、照明はいったんそれに引掛けてから下に垂らすようにする。フックを設置する場所に下地がはいっていてネジがしっかり留まれば問題ありませんが、石膏ボードなどのためネジがとまらない場合は「ボードアンカー」など、石膏ボード用のネジを用意してからこの作業をされると良いと思います。アンカーの重量制限などにもお気をつけください。

2.電源が引掛けシーリングの場合、うまくいくならば、そこに簡易型ダクトレールを取り付けて、ちょうど良い位置からテーブルの上に照明を下げる。

3.テーブル中央位置に照明が下がっていない、と気になるのは、じつはその照明がある程度下がっているからなのです。極端な例ですが、天井に丸いシーリングライトがくっついているような場合には、それぞれの位置関係はほとんど気になりません。つまり、気に入ったからといって、その照明をセオリーどおりにテーブルの上にさげてこよう、とは思わず、出来るだけ天井に近い位置に上げてしまうのも、かなり有効な解決方法です。(少し残念ではありますが・・)

一戸建ての場合はともかく、マンションの場合はなかなか思い通りの位置に照明の電源は用意されていないものです。
怒ったり腐ったりせず、少し妥協しながらでも、出来るだけ理想の形に近づけていきましょう!

f0150177_1529178.jpg

by concordia-light | 2017-12-15 16:41 | ダイニングの照明
<< 好きなものつながり 玄関照明の高さと圧迫感 >>