リビングのダウンライト

コンコルディ屋主人は、けっこうダウンライトをプランの中に入れます。ダウンライトが好き、というわけではないのですが、結果的に多くなる、ということでしょうか。

私の扱うシャンデリアはヨーロッパの系統のものが多く、灯数の多いものはもともとそんなに多くありません。たしかにヨーロッパなどではそれで済んでしまうことも多いだろう(向こうの人がそんなに明るいのを好まないから)、と理解はするのですが、やはり我々日本人にはちょっとつらいことが多いです。

そんなときに補助の力を発揮するのがダウンライトです。6-10畳のお部屋に4個くらい、10畳やそれ以上のお部屋には6個またはそれ以上の個数のダウンライトを入れたりします。

もちろん、お客様のなかにはダウンライトをお好きでないかたもおられます。そんな場合はダウンライトの代わりにフロアランプや壁付けのブラケット照明をつけたりしますが、同時にもう一つの考え方もご案内しています。

私がプランを作る際に気をつけていることの一つに「高低差」があります。何か素敵なシャンデリアが床上1900ミリとか2000ミリあたりに下りてきているとき、2500ミリの天井にはもう目は行かないものです。つまり、天井に穴をあけてダウンライトを設置していること自体、気づかれることは少ないのです。ですから、シャンデリアを適切な位置にさげることができれば、ダウンライトの存在を過度に気にすることはありません。(お客様の目はけっこう正直なものです。おうちの人が気にしていることが全然気にならないことはよくあります。もちろん、残念なことにその逆はよくありますけど!)

f0150177_17394593.jpg
とくに最近はLEDのダウンライトが主流になっています。LED電球は自身の発する熱にやられないために放熱板というのが必要で、そのためにどうしても一方向への光は強い代わりに反対方向には光がいかないのが欠点ですが、ダウンライトの場合はそれは欠点にはならず、実に有効に部屋を照らしてくれます。電気代もぐんとお安くなります。心地よい暖色の電球色もありますし、否定する要素がほとんどありません。

なので、トラディショナルな照明を主力に扱っているコンコルディ屋主人としては、LEDダウンライトでしっかりとベースの明かりを確保したうえで、すてきな装飾性の高い照明器具を主照明としていままでより多く使える、と喜んでいるのです。

その主照明にはLED電球を入れても結構ですが、LEDにすることで本来のその照明の魅力が薄れるようであれば、白熱電球のままでもOKかと考えます。それはそれは、その方が美しいですから、どうせそんなに明るくする必要がなく消費電力量もそう多くはないので、「プチ贅沢」の範囲ではないでしょうか。

電気代も大事ですが、味気ない空間で心が枯れるのも問題ですよ。。




by concordia-light | 2017-12-15 17:41 | リビングの照明
好きなものつながり >>