人気ブログランキング |

トイレの100W

正しくは、「便所の100W」と言います。私、コンコルディ屋主人の若い頃にはそう言っていました。
必要以上の無駄な明るさ → 無駄な能力/余分な仕事、と、まああんまり良い意味ではつかわれません。

つまり、そういう格言にもあるとおり、トイレには100wは必要ありません。ときどき畳1枚分くらいの、いわゆる平均的な大きさのトイレに60W電球を入れる人もありますが、これも多くの場合には明るすぎます。

同じ広さで25Wを入れるのは、落ち着いたレストランなどでの常套手段ですが、普通一般家庭では40Wが適当かと思っています。(灯かりが下に素直にでてくる場合。あまり光が出てこない場合は、60WでもOKです。)

f0150177_23382113.jpg


理由は大きく3つ。

1.まずはトイレは落ち着いた場所にしたい。
2.隅々まではっきりと見えることが良い、とは言えない場所である
3.夜間にトイレを使用したとき、明るすぎるとキツイ

なかには、トイレで読書をしたいので、是非明るくしてくれ、というご要望もありましたが、一応それは例外として・・・


コンコルディア照明
by concordia-light | 2007-10-08 23:40 | トイレの照明
<< アンティーク照明器具の安全性 人類と火とモノリス >>