人気ブログランキング |

人類と火とモノリス

アーサー・C・クラークの小説「2001年宇宙の旅」がキューブリックによって映画化され、その冒頭で、なぞの四角い物体「モノリス」が我々の祖先に道具を持たせ、彼らはそのとき動物から「人」になった、と表現されている場面は有名である。
私はそのとき、たたきつける道具や石から火花が飛び散っていたのを見て、私は勝手に「人類はこのとき『火』を得たのだ」と思っていた。

でもおそらくそれは間違いで、森の自然発火や、落雷による発火から、火種をとって利用し始めたのだろう、と今は考えている(というか、教えられた)。
私がオーストラリアのシドニー郊外に住んでいたとき、ある夏の日に突然のように家の周りの森の4ヵ所から火事が発生し驚いて非難の準備をしたことがあった。ユーカリがお互いにこすれあって自然発火したのだが、たぶんそんな経験を太古の人類も経験したのだろうと考えると、面白い。

我々の祖先はこのようにして火を味方につけ、火を利用して生活を始めたわけだが、動物(家畜動物を除き)はそうではない、ということも明らかであろう。西部劇を見ていて、彼らが夜寝るときに焚き火が欠かせないのは、動物からの危険を避けるためでもある。

つまり、本来動物にとって危険であり、嫌われている「火」、敵である「火」が、人間にとっては味方になった。

「火」は「灯かり」でもあったが、「暖」でもありまた「かまど(煮炊き用)」でもあった。いつの頃からか皮膚を毛で覆うことをしなくなった人類には「暖」としての「火」は、必需品にもなり、また「安心」にもつながった。

私たちは、火を見て心なごむ経験をすることがときどきある。やはり本来「火」は怖いもので危険なものではあるけれども、それでもキャンプファイヤーの火や、暖炉の火などから暖かみ(実際の温度のことだけではなく)や安心感を得ることができる。

クリスマスにテーブルの上のロウソクの光を眺めながら心なごむのを実感し、さらに薄暗い部屋にぽつんと一つ灯された電灯を見て、こころ穏やかになる。

そして今、「灯かり」は「暖」のあるなしにかかわらず、「安心」や「なごみ」を与えてくれる重要な要素となった。

f0150177_17262280.jpg

(以上はコンコルディ屋主人の私見であり、おそらく引用すると笑われますのでご注意ください。あまりよその人に言わないほうが良いでしょう。)

コンコルディア照明
by concordia-light | 2007-10-08 17:29 | 照明と灯かりの歩み
<< トイレの100W 照明の高さとテーブル >>