コンコルディ屋主人でございます

皆様 はじめまして

私はトラディショナルな照明器具を輸入して販売をしています。もう二十年あまりになります。最近では一部製造も行っています。
照明器具というのは、生活するものにとって切っても切れない部材です。家具やカーテンなどといっしょに「インテリア」の分野に分類されることが多いです。でも、一方で「電気用品」でもあります。この二つの要素が絡まって、販売するには結構苦労するところもあるような気がしています。

一部の照明器具、たとえばテーブルランプなどは、家具屋さんにならんでいて、お客さんが見定めて購入し、それで何の問題もありません。

では一方、シャンデリアはどうでしょうか。同じように簡単に購入を決断することができるでしょうか。間取りに対して、大きさのバランスはどうだろう。 天井高に対して、吊り下げ位置は大丈夫だろうか。 部屋の広さにたいして、明るさは不足しないだろうか。吹き抜けに吊りたいけど、電球の取り換えはどうしようか。

どうです? なかなか難しいですよね。

カーテンなどを選ぶときや 家具を選ぶときにも、やはり似たような問題はあると聞いています。たとえば小さな花瓶を選ぶときには簡単な決断でも、メインの部屋のカーテンや応接セットなどは他の要素とのバランスを考えながら選ばなくてはいけません。

でもそのとき、購入したソファが命にかかわる事故の原因になる、というような心配をされますか? しませんよね。

ところがどっこい、照明器具にはいつもその心配がつきまとうのです。漏電や感電によって、最悪は死につながる事故をも起こします。「安全」ということが、実はもっとも大切な要素でもあるのです。
f0150177_092798.jpg

照明器具というのは、「インテリア」と「電気用品」そんな2つの大きな要素を併せ持っているからこそ、販売がむずかしい。
ということは、購入する側にとっても選ぶのに苦労されるのではないか、と考えています。

もちろん、このページをお読みいただいてそんな悩みが全て解決します! というわけでは決してありません。
ただ、二十年以上もこの業界で照明を販売し続けてきた人間として、いつもどんなことを考えながらプランを作っているか、について皆さんにわかっていただければ、すこしはお役に立てるかもしれない、と考えました。

これを機会に皆さんといっしょに考えていくことができれば、とも考えています。
どうぞよろしくお願い致します。

                      コンコルディ屋 主人 敬白

コンコルディア照明 (よろしければお立ち寄りください)

by concordia-light | 2015-09-10 11:54 | はじめまして
<< 外国のホテル ルーベンスの赤 >>