「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!

外国のホテル

ヨーロッパやアメリカに行って、えらく薄暗いホテルの部屋に閉口することがあります。なかには、それが好き、という方もおられますが、私は正直言って、「困ったな。またこれかいな。」と思っています。

欧米だけではありません。そんなホテルが世界のスタンダードになっているのでしょう、アジアや日本でも、同じような照度のホテルは珍しくありません。高級ホテルと言われるところにかぎってそうです。欧米の旅行客をもてなすにはそうしたほうが良いと考えられているのだろうと思います。

誤解を恐れずに、私は言います。
「日本人が生活するには、あの光量では無理がある。」

私、コンコルディ屋主人は、すでに20年以上ヨーロッパの照明を日本にご案内しています。ですからヨーロッパ照明大好き人間であることは間違いないのですが、彼らが必要とする光の量と、我々日本人が必要とする光量は、ぜったいに違います。

4年間のオーストラリア生活でもそれを実感しました。

もともと狩猟民族は、昼間は洞窟ですごし、日が暮れてから夜陰にまぎれて狩りをする生活をしていました。「夜目が利く」というわけで、それがなくては生きてはいけなかったのです。
その代り、日光にはやたら弱いのも特徴です。彼らの末裔である人たちがよくサングラスをかけているのを見ますが、あれは単なるファッションではないのです。

私が過ごしたオーストラリアなどでは、サングラスなしでは彼らはやっていけません。私の仕事仲間のひとりなどは、部屋のなかでもサングラスをかけていました。

それに対して、私たちの先祖はどうでしょうか。
朝、日が昇ると同時に起きだして畑にでる。夜は日が沈むと寝床につく。明るさには強いが、暗さにはめっぽう弱い。

今はご存じのとおり日本人も夜遅くまで起きるようになりました。ですからここ100年足らずで、日本の照明は普及し、発達してきました。ただ、そのときに、日本人の特性を考慮した明るさの設定があると思うわけです。

念のために申し上げますが、私は日本人は明るい家に住まねばならない、と言っているのではありません。「必要な場所には、必要な明るさを」、と言いたいわけです。不必要に明るくするのには絶対反対です(この点についてはまた他のところで述べたいと思います)。

ですから、「外国のホテルみたいな寝室」は良いですが、「外国のホテルみたいなリビング」は、ちょっと考えなおしましょう。

f0150177_18403230.jpg
コンコルディア照明
[PR]
# by concordia-light | 2015-09-10 17:00 | 外国人の眼

コンコルディ屋主人でございます

皆様 はじめまして

私はトラディショナルな照明器具を輸入して販売をしています。もう二十年になります。最近では一部製造も行っています。
照明器具というのは、生活するものにとって切っても切れない部材です。家具やカーテンなどといっしょに「インテリア」の分野に分類されることが多いです。でも、一方で「電気用品」でもあります。この二つの要素が絡まって、販売するには結構苦労するところもあるような気がしています。

一部の照明器具、たとえばテーブルランプなどは、家具屋さんにならんでいて、お客さんが見定めて購入し、それで何の問題もありません。

では一方、シャンデリアはどうでしょうか。同じように簡単に購入を決断することができるでしょうか。間取りに対して、バランスはどうだろう。 天井高に対して、吊り下げ位置は大丈夫だろうか。 部屋の大きさにたいして、明るさは不足しないだろうか。

どうです? なかなか難しいですよね。

カーテンなどを選ぶときや 家具を選ぶときにも、やはり似たような問題はあると聞いています。たとえば小さな花瓶を選ぶときには簡単な決断でも、メインの部屋のカーテンや応接セットなどは他の要素とのバランスを考えながら選ばなくてはいけません。

でもそのとき、購入したソファが命にかかわる事故の原因になる、というような心配をされますか? しませんよね。

ところがどっこい、照明器具にはいつもその心配がつきまとうのです。漏電や感電によって、最悪は死につながる事故をも起こします。「安全」ということが、実はもっとも大切な要素でもあるのです。
f0150177_092798.jpg

照明器具というのは、「インテリア」と「電気用品」そんな2つの大きな要素を併せ持っているからこそ、販売がむずかしく、ということは、購入する側にとっても選ぶのに苦労するのだろう、と考えています。

もちろん、このページをお読みいただいてそんな悩みが全て解決します! というわけでは決してありません。
ただ、二十年もこの業界で照明を販売し続けてきた人間として、いつもどんなことを考えながらプランを作っているか、について皆さんにわかっていただければ、すこしはお役に立てるかもしれない、と考えました。

これを機会に皆さんといっしょに考えていくことができれば、とも考えています。
どうぞよろしくお願い致します。

                      コンコルディ屋 主人 敬白

コンコルディア照明 (よろしければお立ち寄りください)
[PR]
# by concordia-light | 2015-09-10 11:54 | はじめまして

ルーベンスの赤

私の読んだ「フランダースの犬」の最後の場面は、ネロが聖堂に描かれたルーベンスの絵を見ながら冷たくなっていくのですが、そのルーベンスの絵が私は好きです。

ちょっと普通の方の見方とは異なるかもしれませんが、それに当然ながらすべての絵に言えることではないのですが、ルーベンスが使う「赤」色が私にとってはとても印象的なのです。すこし沈んだ血の色を想像させるもので、たとえば次の絵にもそれが使われています。

光の濃淡とともに、この赤が絵の重心を左右していることは間違いがなく、照明のプランとかインテリアのプランにも参考になりそうです。(私は長年、この色の入った湯呑みを探しています。ご存知のかた、教えてくださいな。)

写真だとこの色の魅力は表現されていません。チャンスがあればそんな目でこの「赤」をご覧になってはいかがでしょうか?

f0150177_1531407.jpg


(サムソンとデリラ - ロンドン・ナショナルギャラリー)
[PR]
# by concordia-light | 2009-01-23 15:32 | 「美しさ」と「あかり」

世界一のシャンデリア

って、どんなものかご存知ですか?

トルコ・イスタンブール にある ドルマバフチェ宮殿に吊るされたシャンデリア。

重さ約4.5トン、電球の数は750個 です。

f0150177_9412418.jpg


何をもって一番か、というのが問題で、サイズだけで言うと他にいくつか選ばれるべきものがあるようですが、この750個といい、形といい、世界一と言って申し分ないものだと思います。

19世紀に英国ビクトリア女王から送られたもので、ボヘミアンガラス製です。

ちなみに、この宮殿にも他にいっぱいシャンデリアがあったり、建物にもクリスタルが使われていたり、はたまた他の宮殿にも大きなシャンデリアがあったり、と、トルコの人はとっても「キラキラ」がお好きなようですね。
[PR]
# by concordia-light | 2009-01-23 09:43 | シャンデリア

ベッドサイドの照明には?

ベッドの横に置く照明を、とのリクエストを頂戴しました。

まずお客様がご覧頂いたのはオーソドックスなテーブルランプ。陶器製の本体のうえに布シェードを被せたものですが、見かけはいいけど安定性が・・ということで、結局今月新発売の真鍮製テーブルランプになりました。真鍮製スワンネックの本体にステンドグラスをぶら下げたタイプで、すてきな色ガラスの光が魅力的なのと、それから少々のことで倒れない安定性が決め手でした。

f0150177_17234357.jpg

もうすぐホームページにも大々的に案内する予定です。

乞うご期待!!

コンコルディア照明のHPはこちら
[PR]
# by concordia-light | 2009-01-21 17:22 | あかりの雑記帳より-抜粋